11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業 田口智隆

2022年5月2日

11歳のバフェットのスゴいストーリー

この本は、世界一の投資家ウォーレン・バフェットの幼少期、青年期のストーリーを交えて、経済の知識を学べる本です。

この本の中でバフェットは六歳の頃から商売を始めていたとあります。

彼はチューインガムを3セントで買って、5セントで近所の人に売っていたそうです。

そして、11歳になると株式投資を始めています。

最強の魔法「複利」

バフェットは複利や保険会社の保険掛け率の確率について、非常に早い段階から知っていました。

それが彼が行った事業の成功につながる概念でもあったそうです。

バフェットは、バークシャーハサウェイという保険会社の経営者でもあります。

複利というのは、利率が増えた元本にまたかけられていくことで、長期で見ると、投資資金が増えていくスピードが増していくことで有名です。

早いうちから少ない利率でも積み立てて、投資を続けることで大きなリターンにつながるということですね。

バフェットの伝記であるうえに、経済も学べる本

バフェットの成長に合わせて、ビジネスがどんどん大きくなっていく様も面白いです。

また、経済の知識を学べるので大変ためになる本です。