死ぬくらいなら会社辞めればができない理由 汐街コナ

2022年5月1日

過労死が生まれる背景に迫る本

この本は、過労死しそうなほど追い詰められている人に向けて、命より仕事のほうが大切なのかと問いかける、マンガを中心に構成された本です。

ワークライフバランスが国策として取り組まれるほど、働きづめの日本人。過労死問題もメディアに取り上げられることもあります。

過労死しそうなほど辛いのに、何故辞められないのか、そして、なぜ死んでしまう人がいるのか。その理由と、心理状況が伝わってくるマンガです。

過労死にはうつが関わっている

うつ状態にあるかの判断方法、そしてどうしたらいいのかといったことも書かれています。

休む、転職するといった、行動力・判断力があるうちに自ら行動を起こさないとうつ状態になり、辞めることすらできなくなる、ということも書かれています。

自分を客観視できる本

国の施策により今後改善していくのでしょうが、それが今いる職場にどの時点で反映されるかは不明です。

現在辛い状況にいる人は本書を手に取って読んでみるといいかもしれません。