本田健のお金哲学「happy money 本田健」

2022年5月2日

この本は、お金についてどう向き合うべきかを述べた本です。

お金があっても幸福になれない人たち

お金があっても、幸福ではないと感じたり、お金持ちではないと感じる人がいるそうです。

そのような人は、お金に対する向き合い方がよくなかったり、欠乏感がいつまでもあったりして、満足できないのだとあります。

いろいろなことに感謝や愛を示せる人にお金はやってくるのだそうです。

お金との幸せな距離感

本書を読んで思ったのは、お金に対して強すぎる執着心を示したり、あるいは怖れを抱いていると、うまくお金の流れをコントロールできなくなる、ゆったり余裕で構えるといいんだろうということです。

本書は具体的なお金の稼ぎ方が書いてあったりするわけではありません。

お金の性質やどのように向き合うべきか、自分の心の持ちようとしてあるべき姿を書いたものなのです。

お金に関する哲学的、自己啓発的な本とでもいうべき本でしょう。

お金に対して抱いている見方を変えるだけで、お金は人生の中で重要な要素なので、人生そのものが生きやすくなるかもしれません。