「 お金の流れで読む日本と世界の未来 」 ジム・ロジャーズ

2022年5月3日

有名な投資家ジムロジャーズ

この本は世界的に有名な投資家、ジム・ロジャーズが世界情勢から見た日本と世界の未来像を書いた本です。


ジム・ロジャーズは、世界中を冒険した大富豪として有名な人です。実際にその国の空気を感じ、未来を予見して、財産を築いてきた人です。

そんな彼が予測する未来ですから、的中率は高いのではないでしょうか。


大物投資家の予測とは?

彼が予見しているのは、中国、北朝鮮といった国の伸びが大きくなるだろうということでした。


北朝鮮情勢がどうなるかは予断を許さないところではあるかと思います。

隣国韓国の発展を見る限り、北朝鮮が同様の成長を実現すれば、大きなビジネスチャンスが北朝鮮にあるそうです。

これは日本人の感覚からするとちょっと仰天かもしれません。
しかし、これまで全く資本投下されてこなかった国ですから、政治情勢が好転すれば、たしかにそうかもしれないですね。

日本に関する厳しい予想


一方の日本はどうかといえば、なかなかの辛口の批評です。加速する高齢化社会がマイナスに受け止められているようです。日本の若者は海外に移住したほうがいい、とまで断言されています。
私もなんだか海外移住したくなるくらいでした。

残留を決意される方は一層の奮起を、あるいは移住を決意させる点火剤になりうる本かもしれないです。
そして、世界のお金が次にどこへ流れていくのか。

我々はそれをどのように対処すべきか、考える上で参考になります。