書くだけで人生が変わる嫌なことノート 嫌なことノート普及委員会

嫌なことをノートに書いて客観視することで、嫌なことを自分を困らせる出来事ではなく、逆に人生を改善するためのヒントに変えてしまう方法が書かれた本です。

嫌なことは誰でもあるものですが、たいてい愚痴ったり、イライラするだけでそのうち忘れてしまうものです。

本書では嫌なことに会ったらメモしましょうといいます。嫌なことノートというのを作っておいて書いておくのです。そして、あとでその対策を練るのだというのです。

嫌なことは自分に起きたことに限りません。身近な人に起きたことでもいいし、ニュースで騒がれている悪い出来事もその一つになります。自分なりの対策を考えるのです。

そうして対策や改善策を練っていくうちにうまくいくものがあったりして、それはどんどんリピートすればいいわけです。

なるほど、嫌なことをああ嫌だと愚痴ってばかりじゃなくて、書き留めて、いったん距離をとることで客観視して、そして、改善策を練る。とても前向きでいい発想ですね。

本書には具体的にどのようにノートを書くべきか、どんな書き方か、どんなノートが適格なのかなど詳細に書かれています。ぜひお読みください。

未分類

Posted by Lake