悩みが消える「ダメだしノート DDNプロジェクト」

2022年6月3日

これは苦手な人間関係についてノートにダメ出ししていくことで客観視していき、対処法を考えるなどして、人間関係を改善することができるようになる本です。

「ノートに書く」はたいてい上手くいく

私はノートにメモをしていく系の本が好きです。この系統には当たり本が多い気がします。大抵やることが具体的で、しかも即効性のある当たり本であることが多いです。

例えばいわゆるモーニングルーティン。朝思ったことを書き出していくというルーティン。

嫌なことがあったら書き出していく嫌なことノートもご紹介したことがあります。

また書く瞑想。書くことでそれがマインドフルネスにつながる、という本もありました。

今回は人間関係に関する本です。苦手な人についてノートに、なぜ苦手なのかダメ出ししていくのです。だからダメだしノートだそうです。

苦手な人がいても大抵ああ嫌だとか、これからはあいつとは関わるまいくらいの感想で終わって、なぜ苦手なのかまで考える、モヤモヤを明文化することなどあまりないのではないでしょうか?

あえてなぜ苦手なのか考える。そして対処法を考える。また、いいところはないか考える。

すると、この人はこういうタイプだから次にこのような展開になったらこう対処しようなどと、付き合い方を変えることができるのです。

すると苦手な人間関係が減っていく、生活が改善していくというのです。

コツとしては自分をダメ出しするのではないこと。そして、ノートは一人ひとりに対して項目を作っていくことなどあるようです。

応用すれば何でも使える

私が思ったのは、これはいろいろなことにも使えそうだなとも思いました。例えば苦手教科の学習について、モヤモヤとした苦手感を、明文化することでどこが苦手なのか、どう対処したり強化すべきなのかはっきりするのです。

また、苦手な仕事分野、工場の工程で問題となっている箇所がないかなど、漠然としたモヤモヤを書き出していく、そして対処法を考える、苦手な分野にある、良い面を考えるなどの方法論自体、生活を改善したり、問題解決法として優れたやり方だなと思いました。

暮らし,未分類メモ

Posted by Lake