物事を会計を通してみる力「武器としての会計思考力 矢部謙介

2022年4月21日

この本は会計を読み解く力を身に着け、経営戦略をたて、現実を変えていく力を得られる、会計思考力についての本です。

会計というと会社で言うなら決算報告書、家計なら家計簿のようなイメージが浮かぶでしょう。家計簿をつけることの重要性はわかっているものの、ついついおっくうになって月初と月末の差額しか見ないでのちのちぎょっとすることになる、なんてことも多いでしょう。基本的に本書は企業の会計についての話なのですが、これは家計にも応用のできる点もあります。

企業の決算を会計思考で考える

企業の会計はB/SとP/L、キャッシュフロー計算書の三つが大きく分けてあります。

B/Sとは貸借対照表といい、右と左に真っ二つに項目が分かれており、左側が資産、右側が負債と純資産になります。資産は流動資産、固定資産にわかれ、負債は流動負債と固定負債、純資産は資本金、利益剰余金などです。資産=負債+純資産という関係になります。本書において貸借対照表の見るべきポイントは、まず全体を見ること、そして項目の割合を見ていき、それがその会社のビジネスとどう対応しているのかを考えていくのが大事なのだそうです。本書においてはセブンアンドアイホールディングスが例として挙げられているのですが、この会社は銀行業を営んでいるので流動負債のなかに多額の銀行預金の項目がある、といった実際のビジネス上の特徴との対応を見ていくことが大事なのだそうです。

P/Lとは損益計算書のことで取引によるお金の流れがわかる部分になります。売り上げなどの収益から売上原価などの費用を差し引いた利益がどれだけあったかがわかる計算書です。これも部分よりも全体をとらえるように見ていき、実際のビジネスとの対応状況を考えながら見ていくとよいそうです。たとえばセブンアンドアイホールディングスの利益のうち本業の売上利益よりもフランチャイズ収入などの営業利益のほうが金額が大きいといったことが分かりフランチャイズ収入が重要な収益源になっていることがわかるそうです。なのでこの会社はその利益の割合からして純粋な小売業者ではない会社だということが言えるのです。

またキャッシュフロー計算書はその企業の現金の流れをみるもので、営業キャッシュフロー、投資キャッシュフロー、財務キャッシュフローにわかれます。本業の営業キャッシュフローが少なくともプラスになっていないと現金が枯渇し利益が出ているにもかかわらず倒産する、黒字倒産という事態になってしまいます。

このようにさまざまな財務諸表からその企業のビジネスの特徴を踏まえつつ見ていくことで会計の理解が深まり、その企業のおかれている状況を読み解くことができます。本書では花王、くらコーポレーション、ヤマダ電機といった例が出てきます。くらコーポレーションはくら寿司を展開しており、現金商売が主で売掛金が少ないとか、ヤマダ電機はポイント販管費が大きく計上されているのは、販売促進のためポイントを付与しているからだということがわかってきます。またIT企業は固定資産が少なくて済むビジネスであることなどその企業のビジネスモデルと財務諸表を対照していくと、業界の特徴などもわかってきます。

会計思考でマネジメントを考える

またこういった財務諸表からわかった情報をもとに流動比率、つまり流動資産と流動負債の比率からキャッシュフローの状態を把握したり、あるいはROA、ROEといった資産と利益の比率から、その企業の投資効率、利益体質を図ることもできます。

そしてKPIマネジメントという、会計指標から企業のマネジメントを行っていく考え方についても説明があります。これはKEY PERFORMANCE INDICATORの頭文字をとったもので、先に述べた売上高や利益、流動比率、ROA、ROE、在庫回転率などの指標それ自体を経営目標としていくことで、そのためには何をすべきかという行動の具体化、各部署への行動目標の落とし込みなどを行っていくことを通じて、経営指標の改善を図っていくというマネジメント手法になります。

これのメリットは目標を立てることで原動力になること、PDCAサイクルを回すことで素早く対応できること、目標と現実との差が明瞭になることだそうです。

会計思考で自己マネジメントもできる

本書は主に財務諸表を読み解くことで企業の特徴をつかんだり、その中の指標をもとに経営を判断していくことなどについて書かれた本ですが、例えば家計においても保有する住宅を固定資産にしたり、住宅ローンを負債にしたり、預金を純資産にすることなどで貸借対照表が作れますし、一年間の現金の収支、フローを作ったりすることで家計を財務諸表的にとらえることもできるでしょう。つまり自己マネジメントとしての財務諸表を作ることもできそうです。会計思考力を用いて自分の将来設計を行っていくなどにも応用できそうですね。