超訳 自省録 よりよく生きる エッセンシャル版 マルクス・アウレリウス (著), 佐藤 けんいち (翻訳)

みなさんには座右の銘というものはありますか。名文、座右の銘というのは心に携えているだけで人を強くしますよね。

今回は、自省録という名著を、わかりやすくまとめた入門書をご紹介したいと思います。

この本を読めば、人それぞれの座右の銘、名文を見つけることができるはずです。

そして、その言葉が心のコンパスになるでしょう。では、見ていきましょう。

自省録はローマ皇帝の瞑想記録ノート

この本は、古代のリーダーが独り葛藤しながら、自らを律していく姿に啓発される、自己啓発的な名文集です。

マルクス・アウレリウス・アントニウスはローマ皇帝の中で「五賢帝」と称されるほど、評価の高い治世を行った皇帝とのこと。

この自省録は彼が寝る前に書いていた瞑想記録ノートなのだそうです。

様々な珠玉の名文の数々

自省録は歴史的に名著とされ、クリントン元大統領の愛読書なのだとか。

ネルソン・マンデラもこの本を読みながら獄中生活を耐え忍んだとのことです。

そのような名著をわかりやすく、トピックごとにまとめてくれている、入門書的位置づけの本です。

「人生最後の仕事であるかのように取り組め」という一文がありました。

日々最後の日であるかのように取り組むべきだといったのはスティーブ・ジョブズでした。

彼との共通点があるようで面白く思えました。

そして、「コントロールできるのは現在だけ」という部分。

仏教的な、過去や未来にとらわれてはいけないという東洋思想のようです。

なぜローマ皇帝が東洋思想的な考えを持っていたのか、偶然ですが興味深く思えました。

また、「処世術はダンスよりレスリングに似ている」というのも、不意打ちが多い人間関係のコミュニケーションからすると、そうだなとうなずける一文でした。

古典なのによみやすい構成の本書

古代のリーダーが独り瞑想しながら自らを律していく姿は、きっと読む人をはっとさせるはずです。その言葉一つ一つに厳しさと、優れた理性を感じさせます。

きっと読まれた方は、心に残る言葉を得られるはずです。

古典的名著というハードルの高い書物を手に取りやすくしてくれる本書。読みやすい構成になっています。ぜひお手に取ってみて下さい。